Dentist Fileは「歯科業界の魅力と現実を伝える」をコンセプトとする歯科医向けインタビューサイトです。

Dentist File

基本治療 2020.04.13

画像診断を行う際の心得とは?

"
画像診断を行う際の心得とは?
小林 馨 先生
鶴見大学歯学部口腔顎顔面放射線・画像診断学講座教授 / 神奈川 研究テーマは「顎関節の画像診断と治療」「歯科放射線撮影時の患者被曝線量」「歯顎顔面領域の三次元画像診断」「パノラマX線撮影法とその応用」。臨床家としても活躍しており、これまでに紹介患者のみで約3,000人の顎関節症を治療し、95%以上の患者を改善へ導く。

Q:画像診断は難しいですか?

A:いつも画像診断をしていて、やはりかなり難しいなと思うことはたくさんあります。特に、良性・悪性といいますか、悪性のものを見落とさないということは、とても重要だと思います。ただ僕たちは、通常は骨の画像だけを見ていますので、軟組織については十分診断できないこともあったりします。
 それから、自分たちの思わぬ所見が、思わぬところに隠れていたりするということなので、常に注意して見ていくということが必要だなといつも思っております。

小林 馨 先生が出演中のDVD教材

なぜ、この画像をみて1分以内に「悪性腫瘍」がわかるのか?

これなら見落とさない!読影力を高める1分間画像診断術

教材構成:DVD3枚組(総収録時間:153分)+レジュメ冊子(198ページ)+特典DVD(収録時間:8分)+特典データCD
> 詳しくはこちら