Dentist Fileは「歯科業界の魅力と現実を伝える」をコンセプトとする歯科医向けインタビューサイトです。

Dentist File

咬合 2019.08.20

学校では学べない!丸山咬合医療で治す咬合是正

"
学校では学べない!丸山咬合医療で治す咬合是正
丸山 剛郎 先生
丸山咬合医療センタークリニック / 東京 約50年にわたる研究・臨床から生みだされた独自の「丸山式咬合医療」で、これまでに多くの患者さんから、顎関節症や原因不明の不調を取り除く。その治療効果は、認知症予防や美容、抗老化、若返り、免疫力向上、学力向上、運動能力向上など、広範囲におよぶことが、脳科学者として有名な澤口俊之先生との共同研究で明らかにされている。

Q.なぜ噛み合わせの悪い人が多いのでしょうか?

噛み合わせというのは、非常に意味が広いです。私が言いたいのは歯と歯の噛み合わせではく、顎の噛み合わせのことです。なぜ多いかというと、顎のずれていない人というのは、ほとんどいないからです。その原因は人類の進化から考えていけば分かることです。人類は直立二足歩行になりました。例えば、チンパンジーも立っているけれども、ナックル歩行をしていて、手で支えています。ところが、これがなくなって直立二足歩行になりました。そうすると、真っすぐ立って二足ということは、前後的にふらつきます。それから、二足で歩くので片足ずつです。片足で立っているわけです。その状態になって、それは良かったのですが、顎が今度は逆に上に行ったので、ぶら下がってしまいました。バランサーになったのです。今まではそうではなく、カチッと噛み合っていたのです。だから、人間の場合、正常の場合には上顎と下顎の間、歯に2~3ミリの隙間があります。下顎安静位といいます。ぶら下がっているのだから顎がずれるのは当然のことで、全くずれない人というのはいないと思ってもいいくらいです。

丸山 剛郎 先生が出演中のDVD教材

どんな病院や薬でも治せなかった全身の痛みや不調でも…「あそこに行けば何でも治る」と評価される歯科医院になる方法

「咬合革命~丸山咬合医療のすすめ~」DVD

教材構成:DVD3枚組(総収録時間:141分)+レジュメ(58ページ)+参考資料2種
> 詳しくはこちら