Dentist Fileは「歯科業界の魅力と現実を伝える」をコンセプトとする歯科医向けインタビューサイトです。

Dentist File

スタッフ教育 2018.05.17

高速診療のためのスタッフ教育

"
高速診療のためのスタッフ教育
東 正也 先生
ひがし歯科医院 / 熊本県 ひがし歯科医院院長。ドクター1人、周りに民家のない田舎でも、年商1億円を達成。現在はドクター2人で年商1億8千万円、月間の平均自費売上は1000万円。彼の提唱する「高速診療」は、保連全国大会や歯科セミナーで発表され、多くの歯科医師に影響を与える。

Q.診療を高速化する上で、スタッフ教育はどのように考えていますか?

まず2つありまして、ひとつは、月1回の勉強会をやっているんですけど、そのときに、うちのスタッフは、ドクターとまったく一緒の話に巻き込んでいます。

例えば、衛生士さんがどこかの歯科医院は、朝から晩までメンテナンスとTBIとそんなのやっているとします。僕、それは結構、飽きるんじゃないかなと思うんですよね。で、うちのスタッフは患者さんから質問があったりすると、ドクターと同程度答えることができます。それもほとんどのスタッフが即答できるようになっています。

それは、頭の中で治療の流れが入っていて、それぞれ、この患者さんの状況はどういう状況だから、これはおそらく、どんな病名で治療法はこうだっていうのが頭の中にわかっているんですよね。

ですから、例えば、そこにスタッフが7人にいるとしたら、そこに7人のドクターがいるのと全然変わらないです。もう、そこでドクターが行ったときには「この患者さんは、こんな状況なので、もうこの準備をしておきました」みたいな感じになっているので、また早いんだと思いますね。

そんなの教えるのに、普通のスタッフの子にはできないとか、そういうことを僕は思っていないので、だからかえって気がきいている子は、ドクターより知識を増やしたり上手にしゃべったりすることも可能です。

あとは、具体的には入ってきて、当院では1人の衛生士さんを約2ヵ月か3ヵ月ずっとつけて、いろんな業務の内容とか実技とかを教え込んでいます。ですから、たいていは、もう2、3ヵ月ですごくできるようになりますね。

ただし、マンツーマンなので、優秀な衛生士さんの売上の分が、100万か150万は1ヵ月に関して、飛ぶんだろうと思うんですけども、そこまでしたら一通り一人前にはなります。

東 正也 先生が出演中のDVD教材

なぜ、たった2分の保険診療が、ドクター1人で年商1億円を稼ぐ秘訣なのか?

「高速診療~臨床編~」DVD

教材構成:DVD3枚(146分収録)
> 詳しくはこちら