Dentist Fileは「歯科業界の魅力と現実を伝える」をコンセプトとする歯科医向けインタビューサイトです。

Dentist File

保存修復 2018.05.14

保険で採算がとれる!高速診療

"
保険で採算がとれる!高速診療
東 正也 先生
ひがし歯科医院 / 熊本県 ひがし歯科医院院長。ドクター1人、周りに民家のない田舎でも、年商1億円を達成。現在はドクター2人で年商1億8千万円、月間の平均自費売上は1000万円。彼の提唱する「高速診療」は、保連全国大会や歯科セミナーで発表され、多くの歯科医師に影響を与える。

Q.今、診療を高速化する上で取り組んでいることはありますか?

今、取り組んでいることは画像を作っています。結局、僕が患者さんに伝えたいことって割と実はワンパターンなんですね。

ただ、それって普通の伝え方、一般的な話ではないので、それを上手に伝えることがちょっと難しい割には、ちょっと重要だと思っているので、それを今は、自分の口でお伝えをしているんですけど、それを画像で、うちのスタッフでも上手に伝えられるようになれば、割とワンパターンなルーティンワークから脱却できて、もっと早く要領よくできると思うので、今は、そういうのをまとめて画像を作ろうとしています。おそらく2、30枚あれば、それですごく僕がしゃべる部分は省略ができると思っています。

Q.高速診療を取り入れる上で気をつけることはありますか?

高速診療というのは、一部の先生が思われているような診療を高速にして儲けようという発想はまったくなくて、1/10の評価っていう保険制度の中で、患者さんにいかによくしてあげたいかっていうところから出たものなので。

もちろん、ただ働きもしなくちゃいけないけど、そんなことを言って、ダラダラやっていたら収益が伴わないので。そうするとドクターの自己満足にはなるかもしれないけど、スタッフも家族もいろんな人を幸せにすることができないですよね。

例えば、技工料を値切るとか建築屋さんにしたって、いろんな関わり合いのある人で、向こうから言ってきた値段で「良いですよ」みたいなそういうふうにやらなくちゃいけないので、っていうのもあります。

ですから、いかに恵まれない保険制度の中で採算が取れてかつ、良い診療できるかというためには、質を保ちながら早く治す・回すしかないと。

これはもう皆さん思っていらっしゃると思うんですけど、ベースにはハートがあって、患者さんによくしてあげたいっていう、その気持ちがベースにあってのやり方のひとつであるということを理解していただければいいかと思います。

東 正也 先生が出演中のDVD教材

なぜ、周りに民家のないド田舎で開業している医院が、自費診療を売り込むことなく、年商1億円を達成できたのか?

「高速診療~院内システム編~」DVD

教材構成:DVD3枚(154分収録)+レジュメ(26ページ)
> 詳しくはこちら