Dentist Fileは「歯科業界の魅力と現実を伝える」をコンセプトとする歯科医向けインタビューサイトです。

Dentist File

審美歯科 2020.11.12

行田克則先生が長年の歯科医師人生での失敗経験を通して考える成功の秘訣とは?

"
行田克則先生が長年の歯科医師人生での失敗経験を通して考える成功の秘訣とは?
行田 克則 先生
上北沢歯科・四谷三栄町歯科 / 東京 「自費による補綴治療は10年維持してあたりまえ、再治療は20年を超えてから」という信念を持ち、審美性と機能性が長期間維持する臨床を実現し続ける。平均経過年数18年5ヵ月、再補綴率0.15%、補綴以外の生存率98.3%という症例が100件紹介された著書「行田克則の臨床アーカイブ 補綴メインの長期100症例」は、多くの歯科医師に強烈なインパクトを与えた。

Q:審美治療で失敗したことはありますか?

A:失敗というか、難しいことはいっぱいあります。軟組織をつくったりとか、骨をつくったりとか、失われたものをつくろうとしたら無限にあるから、その失敗というか、やり切れないということはまだまだいっぱいあると思います。一般的には、インプラントの審美も、1本だったらそこそこできても、2本だと難しいとか、自分もそういう失敗もしているし、たぶんみんな失敗している。そういうことを範ちゅうに入れれば、失敗しないようにその症例はやりすごすけれども、再生・再建に関しては、まだまだ挑戦し切れていないという部分で失敗ととらえることはあります。アタックしないのも失敗だというふうにとらえると、まだまだやらなければならないことはあるというのが答えです。

行田 克則 先生が出演中のDVD教材

なぜ、メタルボンドで2回もマージン露出したのに、たった3つの秘訣で前装冠にした結果、その後3年以上歯肉退縮することなく審美性を維持できているのか?

生涯安定を目指す! Dr.行田の「超」審美補綴テクニック ~形成・プロビジョナル・印象のすべて~

教材構成:DVD4枚組(総収録時間:201分)+レジュメ冊子(157ページ)
> 詳しくはこちら