Dentist Fileは「歯科業界の魅力と現実を伝える」をコンセプトとする歯科医向けインタビューサイトです。

Dentist File

基本治療 2020.04.13

歯科局所麻酔で技術面で気をつけている点、静脈内鎮静法による術者・患者視点での利点とは?

"
歯科局所麻酔で技術面で気をつけている点、静脈内鎮静法による術者・患者視点での利点とは?
西原 正弘 先生
西原デンタル麻酔サポート / 東京 フリーランスの歯科麻酔医。静脈内鎮静法および全身管理の契約歯科医院へ出向し、年間約180名の患者に対応。また、障害者歯科治療における全身麻酔管理を、年間約90名の患者に実施。勤務医時代を含めると、全身管理を担当した患者数は1000名を超える。

Q:局所麻酔は簡単にできるものでしょうか?

A:歯科治療を行う日々の日常において、局所麻酔をしない日はないぐらい、歯科治療にはもう欠かせない医療行為の1つですね。なので、難しくはないと思いますけども、やはり注射の痛みに対する患者さんの反応や、実際薬を入れるという医療行為であることは間違いないので、その辺をどう配慮しながら、局所麻酔を効かせるかというのは、ある程度は技術が要る分野、医療行為だと思います。

西原 正弘 先生が出演中のDVD教材

なぜ、歯科治療中止レベルの「隠れ高血圧症」を見落とさないのか?

フリーランス歯科麻酔医直伝!信頼を高める全身管理術

教材構成:DVD4枚組(総収録時間:126分)+レジュメ冊子(55ページ)+特典データCD
> 詳しくはこちら